implant インプラント

貴方に美しい歯で噛める喜びを

インプラント治療とは、歯が抜けた部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上から人工歯を取り付ける治療法です。人工歯根が顎の骨にしっかりと結合するため、快適な噛み心地が得られます。また、装着する人工歯はセラミック製で他の歯の色調に合わせて作製できるため、とてもナチュラルな見た目を実現できます。
「うまく噛めなくて食事を楽しめない……」、「歯周病で歯がグラグラする……」
このようなお悩みもインプラントなら解決できます。当オフィスのインプラント治療が、貴方に「美しい歯で噛める喜び」をご提供いたします。

 

インプラントのメリットとデメリット

インプラントには、取り外し可能な入れ歯や、ブリッジと比べると下記のようなメリットがあります。

メリット

入れ歯と比べると ブリッジと比べると
・力強く噛める
・見た目が自然
・着脱の煩わしさがない
・異物感がない
・他の健康な歯への負担がない
・あごの骨が痩せることがない
・力強く噛める
・見た目が自然
・隣の健康な歯を削る必要がない
・すでに装着されている冠を壊す必要がない
・隣の歯にかかる噛み合わせの負担が大きくならずにすむ

 

その一方で、こんなデメリットもあります。

 

デメリット

・手術が必要である
・治療が全て自費になる
・治療を受けるための条件が多い

(全身の健康状態/年齢/口腔内の清掃状態/あごの骨の状態/噛み合わせや歯列の状態/通院、メインテナンスが可能かどうか……など)

 

インプラント治療の流れ

STEP1.診察・検査
インプラント治療が可能かどうかを判断するため、治療を行う場所の骨や歯ぐき、粘膜、噛み合わせ、残存歯の状態を詳しく調べます。レントゲン写真を撮影したり、あごの模型を作製し、これらをもとにして治療計画を立てます。

STEP2.診断
診察・検査結果に基づいて、インプラントの太さや長さなどの形状、手術の時期や方法、冠などの設計、噛み合わせの様式などを診断し、その治療方法を詳しくご説明します。

STEP3.準備
インプラント手術をスムーズに行えるよう、必要に応じて歯ぐきや口腔内の粘膜の状態を改善したり、残存歯の形や噛み合わせを調整します。また、実際にインプラントを埋入する位置や方向を確認・再現するため、「ステント」という装置を作製します。

STEP4.手術
実際の手術内容や、術後のメインテナンス方法(食事中、ブラッシングの注意点など)、また手術に伴う合併症などのリスクについて、事前に詳しくご説明いたします。患者さまから最終的な承諾を得て、手術に進みますのでご安心ください。内容にもよりますが、手術時間は30~90分程度です。

STEP5.経過観察
術後は、インプラントとあごの骨との安定が得られるまで、一定期間を要します。目安として、下顎で2~3ヶ月、上顎で2~6ヶ月です。骨移植を行った場合は、もう少し待機時間が必要になります。この間、歯の欠損部分には仮歯を入れて経過をみます。

STEP6.補綴(ほてつ)
インプラントの上に土台を装着し、土台の上に冠を装着します。

 

付加的手術について

インプラントの埋入部分のあごの骨が不足している場合には、骨移植手術(他の部位のあごの骨をとり、移植する)や、GBR(移植した骨の上に特殊な膜を置いて骨の再生を促す)などの手術を行うことがあります。

 

よくあるご質問

Q.インプラント手術は痛みを伴いますか?
A. 手術の際には局所麻酔をかけるので、痛むことはありません。しかし手術中は、骨を削るゴリゴリと響く感覚や、一定時間大きく開口していただく必要があるなど、不快に思われることもあるかもしれません。
なお、当院では全身麻酔での手術は行っておりませんので、そのような必要がある場合は、大学病院などの専門病院をご紹介いたします。
Q.インプラントは一生持つものですか?
A. 現在使用しているタイプのインプラントも臨床応用されて、30~40年しか経っていません。
適切なメインテナンスで半永久的に使用できます。当院では、残存歯を含めた口腔全体の管理やケアを適切に行い、今後もさらに長い期間、インプラントの機能と口腔内の健康を維持できるよう、努めて参ります。
Q.インプラントは自分の歯と同じように噛むことができますか?
A. 「ほとんど同じように」噛むことができますが、「全く同じに」とは言えません。なぜなら、インプラントには歯根膜(歯根と骨をつなぐ組織)がないからです。このため、噛む力の微妙な調整ができないということはありますが、入れ歯やブリッジよりもさまざまな面で格段に優れています。
Q.インプラントは自分の歯より丈夫でしょうか?
A. 虫歯にならないという意味では丈夫です。しかし、歯周病(インプラント周囲炎)に対する抵抗力は天然歯よりも劣っています。
このため、正しいブラッシングと定期的なメインテナンスをすることがとても重要です。
Q.インプラントと入れ歯を併用することもありますか?
A. はい。インプラントの上に磁石や特殊な留め具を取り付け、その上に入れ歯を装着することもあります。
これにより、入れ歯がさらに安定して噛めるようになります。

インプラントメーカー

当院では、世界でもトップクラスの品質を誇るノーベル・バイオケア社のブローネマルクインプラントを採用しています。

ノーベル・バイオケアとは?

ノーベル・バイオケアとは?

ノーベル・バイオケア社は、スウェーデンにある世界最古のインプラントメーカー。
現在、全世界で100社以上のインプラントメーカーがありますが、ノーベル・バイオケア社のブローネマルクインプラントはそのなかでNo.1のシェアを誇っており、200万人以上の人が使用しています。どんな骨質にも適用できる豊富なラインナップが特徴で、もっとも長い臨床実績がある信頼性が高いインプラントです。

 

インプラント治療の症例紹介~ 失った歯は取り戻せます~

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

入れ歯がガタついて噛みにくい
ということで来院されました。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

インプラントにマグネットをつけて
仮義歯を作成。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

インプラントを連結させてジルコニアで回復。
入れ歯を使わずに食事できるようになり、見栄えもとてもきれいになったと患者様に喜ばれています。
その後の人生が楽しくなり、人前で入れ歯を外さなくてもよくなったと喜びの声をいただいております。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

case1と同じく、入れ歯がガタついて噛みにくい
ということで来院されました。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

上下にインプラントを埋入しました。 上顎にはマグネットを入れ、入れ歯を安定させました。下顎は入れ歯無しでインプラントで連結させ、セラミックで回復しています。
お口の中がとてもすっきりし、噛みやすくなったと患者様から喜びの声をいただいています。 この方も現在に至るまでメインテナンス中です。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

見栄えをもっときれいにしたい、奥歯がなくて歯が噛
めない、左下の歯が痛むということで来院されました。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

抜歯をしたところはインプラントを埋入しています。
どこの歯を治療したか分からないと患者様から喜びの声をいただいています。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

入れ歯がガタついて噛みにくい、見栄えをもっと良く
したい、被せ物が古いせいか最近食事の際に苦い
味がするなど、複数の主訴で来院されました。

ホワイトニングの症例紹介~歯の色でこんなに印象が変わります~

治療後、食事も気分よくできるようになり、自分がインプラントを入れたのを忘れるくらい自然に良く噛めていると喜びの声を頂いています。

facebook Clip to Evernote